窓からの西日・暑さにお悩みの方必見!暑さ対策にはアカリナ「リフレクト」

2018.08.24



夢のマイホーム、憧れのマンションを購入し新生活を始めてみると、ん? あれ? なんだか暑いかも・・・なんて思うこと、ありませんか?
考えて考えて、こだわりが散りばめられたマイホーム、窓の位置、外からの視線のことは考えて配置したけど、窓から入ってくる暑さのことまで考えていなかった!!という方は実は多いようです。
まさに、住みはじめて気づく窓の想定外!

 

暑さの原因「近赤外線」を「リフレクト」がはね返す!

 



採光ブラインド アカリナの中でも「リフレクト」は、光を98%反射する特殊な樹脂素材を使用しています。
これで熱の元になる「近赤外線」を98%反射でブロック!

真夏の西日のような強い日差しの眩しさも和らげます。
もちろん、有害な紫外線もブロックしてくれるので、家具や畳の日焼けが気になる方にもオススメです。

 

もっと知りたい!サーモカメラで実際に温度測定

事務所の中で実験してみました。
5月半ばの晴れの日です。 夏本番の日差しほどではありませんが、窓には直射日光が当たっています。


事務所の中へ入って窓を見てみると、こんな感じ ↓↓



左側が「アカリナ・リフレクト」 右側は「窓ガラス」です。

これをサーモカメラに切り替えてみると・・・

 



 

 

一目瞭然!

右側の窓ガラス部分は5月だというのに高温で真っ赤!
逆に左側の「アカリナ リフレクト」のは、全く熱くなっていません。熱をブロックしているのが分かります。

5月半ばでこの温度ということは真夏の窓は、どこまで暑くなるのでしょうか。恐るべし、直射日光!
これだけ窓回りが熱を持てば、お部屋の中も暑くなってしまいます。

スラット(はね)をクルっと回せば、明るさを変えられます

 

これがブラインドのいいところ!

スラット(はね)をお好みの角度まで開ければ光をお部屋の中に入れる事ができます。



左側)スラット(はね)を完全に閉めた状態

右側)スラット(はね)を45度に開けた状態

 

スラット(はね)の角度を変えるだけでもこんなにも明るさが違ってきます。

西日の強い時間や、暑い季節は スラット(はね)を完全に閉めて使います。
それほどではない時は、少し角度を付けてお使いください。

 

「ミルキー」と「リフレクト」の明るさの違いは?

 

 

お部屋の中を明るくしたい方に人気の「採光ブラインド アカリナ ミルキー」と

遮熱力の高い「リフレクト」の見た目の違いはこちら↓

 



「ミルキー」がブラインド全体で光を採り込んでいるのに対して、
遮熱力の強い「リフレクト」は、明るさをかなり抑えているのが分かります。

熱を遮っても、遮光カーテンほど真っ暗にはなりません。

「強すぎる光」と「暑さ」だけをカットするのが「リフレクト」です。

 

 

実際に「アカリナ リフレクト」をお買い上げいただいたお客様からの口コミレビューはこちらから

★案ずるより産むが易しでした!

★西日対策

★アカリナリフレクト

 

 

 


明るいお部屋を研究するあかりラボ 自然光でお部屋を明るくする不思議なブラインドをご存知ですか?ヨコ型¥15,900〜
レビュー&写真投稿で送料無料!
口コミ・レビュー
よくある質問Q&A

Copyright (C) AKARI LAB. All Rights Reserved..